米川幸余(よねかわさちよ)プロフィール


5歳よりピアノを始める。
9歳より桐朋学園子供の音楽教室、相愛学園子供の音楽教室にて音感教育を受ける。
 
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
その後、東京音楽大学研究科一年修了。
 
1985年第54回日本音楽コンクールピアノ部門入選。
1987年日本モーツァルトコンクール ピアノ部門入選。
1987年第12回クララ・ハスキル国際コンクール(スイス)入賞。
1988年国際ロータリー財団の奨学金を受け、引き続き1990年からは文化庁芸術家在外研修員としてオーストリア国立・モーツァルテウム音楽院(ザルツブルク)に留学。
1989年第10回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)ピアノ部門第2位入賞。
1990年ウィーン・ベーゼンドルファー社より"ベーゼンドルファー賞"を受賞。
1991年帰国。第1回台北国際ピアノコンクール入賞。
 
1992年1月(財)Sony Music Foundation主催のPerformance Todayシリーズでデビュー。
NHK-FM「土曜リサイタル」「FMリサイタル」に1992、1994、1995、1997年、出演している。
1994年大阪文化祭奨励賞を受賞。
1998年大阪文化祭賞本賞を受賞。
 
オーケストラとの協演・・
これまで、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、カレッジオペラハウス管弦楽団、サンクト・ペテルブルク室内管弦楽団、アンサンブル神戸、京都市交響楽団と協演している。
 
室内楽ではベルリン弦楽四重奏団、オーケストラ・アンサンブル金沢のコンサートマスター、マイケル・ダウス、パヴェル・ボガチュ、ウィーンフィルのライナー・キュッヒルの各氏等とも共演。
 
1998年5月にはフォンテックより「スカルラッティ:ソナタ集」のCDをリリース。
2011年8月には日本コロムビアより「Cantilenaカンティレーナ〜ピアノ小品集」のCDをリリース。
 
これまで根上倫子、中博子、伊藤節子、国屋節子、井口基成、岡本美智子、有賀和子、中島和彦、大西愛子、ゴールドベルク-山根美代子、ペーター・ラング、ブライアン・ランポート、ジェルメーヌ・ムニエ、アンジェイ・ヤシンスキー、ドミトリー・バシキロフの各氏に師事。
 
1996年4月〜2000年3月 相愛大学非常勤講師。
1999年〜2005年、2006年〜2012年、2013年〜2018年3月 3期に渡り愛知県立芸術大学非常勤講師。
2011年〜2015年3月 上野学園大学非常勤講師。
2015年4月〜2018年3月 上野学園短期大学部准教授。
2018年4月より 上野学園大学短期大学部非常勤講師。

Sachiyo Yonekawa Profile

 
Sachiyo Yonekawa is a native of Osaka, who began studying piano at the age of 5. Following study in the Music Department of the Toho Girls' High School, she attended the Toho Gakuen School of Music in Tokyo.
Upon graduation, she continued her study at the Hochschule für Musik und darstellende Kunst Mozarteum in Salzburg, Austria.
 
Ms. Yonekawa is a prize winner in many prestigious international piano competitions, including 2nd prize in the 10th Schumann International Competition held in Zwickau in 1989. She was a finalist in the 54th Japan Music Concours, in the 12th Clara Haskil International Piano
Competition of 1987, and the 1st Taipei International Piano Competition held in 1991.
In 1998, she won the Osaka Culture Festival Prize.
 
Ms. Yonekawa made her debut in the "Performance Today" series sponsored by the SONY Music Foundation in 1992 in Tokyo.
Since then she has been active in Japan as a solo recitalist, as well as performing in chamber music ensembles.
In 1998 she released her debut album "13 Sonatas by Scarlatti"on the FONTEC label.
 
She has performed concertos with the Orchestra Ensemble Kanazawa, as well as with the Osaka Century Orchestra, Kansai Phillharmonic Orchestra, Osaka Philharmonic Orchestra, the Operahouse Orchestra, the St. Petersburg Chamber Orchestra, the Ensemble Kobe, and the Kyoto Symphony Orchestra.
 
Ms. Yonekawa has performed chamber music with the Berlin Quartet, and in combination with Orchestra Ensemble Kanazawa's concert master Michael Dauth, with Pavel Bogacz, with the Wiener Philharmoniker's Rainer Küchl, acquiring a formidable reputation as an accompanist.
 
To date, Ms. Yonekawa has studied under Michiko Negami, Motonari Iguchi, Michiko Okamoto, Kazuko Ariga, Kazuhiko Nakajima, Miyoko Yamane-Goldberg and Aiko Onishi in Japan, and Peter Lang, Brian Lamport, Germaine Mounier, Andrzej Jasiński, and Dmitri Bashkirov in Europe.
She has been teaching at the Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music in Nagoya since 1999, and in 2011 began teaching at Ueno Gakuen University in Tokyo, as well.

上野学園大学 ホームページへ
愛知県立芸術大学 ホームページへ
アトリエ・ドゥ・ダルクローズ ホームページへ